『全ては虚ろを懐く』あとがき

 虚ろな物語はこれにて完結です。黒さは当サイトの小説群でダントツの一位かと思われますが、いかがだったでしょうか? ご意見ご感想などありましたら、ぜひお願いします~。
 この作品は覆面作家企画2に提出した短編『星は虚ろの月を抱く』(グロ注意)の完全ヴァージョンとなります。 企画作品では不明瞭だった三人の関係をちゃんと書き直したというか、別物になってます。
 結末も違うので「短編を読んだぞ」という方でも楽しめるかなぁと思います。
 本当ならもう少し早くお目見えする予定だったのですが、ただの書き直しでも案外きつかったので遅くなりました;;
 以下はネタバレになりますので、未読の方はご注意ください。






 テーマは純愛です、さまざまなLOVEの形です、ごめんなさい、ちょっと言ってみたかっただけです。いつもテーマは特に決めてません。
 構成力がないと評判のネジ子ですが、今回はどうでしょう? 冒頭にエトワール死亡話を持ってきたのは、後半にソレイユ視点で書くから続けてじゃ飽きるべ、という単純な理由からなんですが……。そんな浅い思慮しか持ち合わせてないから、いつも苦労するんだ! 学習しろ! と言いたいですが、これがなかなか。
 それぞれの懐く虚ろは、何だったのか。作中では明確に語れなかったけど、雰囲気だけ掴み取って下されば嬉しいです。
 ソレイユがタナトフィリアだというのは書き直し当初からの案なんですが、それをどう扱おうか悩みました(作中のタナトフィリアは現実とは若干違います)
 最初は「エトワールにリューヌ取られちゃったーむきー」という発想から徐々に化けの皮が剥がれていくという感じのストーリーを考えていました。結末は、サロメっぽいものを持ってこようかなぁと。その路線だと、リューヌの首にキスをするのはソレイユでした。 んで、「これが私の求めたリューヌだったの?」とか呟かせて絶望のうちに終わる予定だったのですが、さすがに暗すぎてやめました。
 結局、私的正統派で行きましたよ。
 エトワールは満足してる、ソレイユも(表面的には)満足してる。リューヌ? 彼は可哀相なことになりました。男の扱いが適当なのは、私の小説の常です。……でも一番得したのはユーロウですよね(笑)リビィラと末永く暮らしてください。
 実は最後のユーロウの墓掘りのシーンでちらっと「呪術師の女性」を出そうかと思ったんですが、あまりに無関係なのであっさり却下。

それでは、読んでくださって有難う御座いましたっ!