『反実仮想』「在りし日の―出会い―」あとがき

 およそ7年ぶりの更新となりました。
 シアの過去編その二です。前回No.3でボルドーが言っていた、「奴隷商人に売りつけようとしていたけど失敗した」話となります。話のひな形自体は数年前から存在していまして、当時の予定では本当に出会い部分で終わるはずでした。でもそれだと短いし、オチもつかないし微妙だなーと温め続けてこんなに経ってしまいました。
 ようやくアップすることができて一安心です。
 レイが不幸になるのは私の中でお約束になりつつあります。

『反実仮想』は久しぶりの執筆だったので、少しずつ過去作を読んでたんですが、No.1のシアが察し良すぎてどうしようかと思いました。あれ、あなたそんなキャラでした? 回を重ねるごとに、シアの鈍さが増してる気がします。スレイ○ーズのガウ○イみたいなもんですね。


次回はもう少し早くアップできればと思っています。