【覆面7】Cブロック推理

def_mask07

感想はありません。推理のみです。
※基本的に思考の垂れ流し系、目についた順、考えた順です。


作品

C01 歌うたいの賛歌 → 竹野内碧さん
C02 真夜中の乙女はラプラスの夢を見るか → 玉蟲さん
C03 きらきら星をさがして → 真冬さん
C04 ブルームーン → 瀬古冬樹さん
C05 狼たちの夜 → くまごろうさん
C06 甘やかな墓標 → はなふじマディ子さん
C07 世の光 → 歩く猫さん
C08 私のヒカリ → 紅 和花さん
C09 光牙と土竜 → ろくさん
C10 ネズミと王女 → 和泉有穂さん


作者(敬称略)

くまごろう
はなふじマディ子
ろく
玉蟲
紅 和花
真冬
瀬古冬樹
竹野内碧
歩く猫
和泉有穂


2016/01/05 とりあえず見てみる

Aブロックすずのさんが場外ホームラン甚だしい中、ひとまず次も見ておく作戦です(A推理が出揃うのを待っているとも言う/狡)
このブロックはTwitterでもお世話になってる方がちらほら。真冬さんは当てたいっすね。
真冬さんはあれでしょ、現代の日常ワンシーン一点集中か時々ピリ辛の優しいファンタジーでしょ(ひどい偏見に満ちた意見)
以前が百合風のヤンデレ少女小説だったと記憶していますが、今回はどの路線で来るか!蛇玉はホラーだったしな~。
さらに真冬さんはシンプルなタイトルをつける印象。パッと見のタイトル推理だとC03/C08/C10が怪しげ。綺羅星!(ビシッ)
まぁまだ読んでないし私の直感なんてアテになりません。


真冬さんはひとまず保留にし、お初の方から行きます!(何度も失敗してるのに学ばない)
初参加のはなふじさん。サイトの作品はまず怒涛の描写から入る感じですね。
あれ、この感じどこかで…?
( ゚д゚)ハッ! C06だ~!
参考にしたのは『魔女』です。現状の主人公の状況からナチュラルに過去へ移動し、そして現在へ帰ってくる。描写の流れが一緒かと思われます。語彙や語調も違和感ありません。これは確定でしょ~!


お次は竹野内さん。R18な大人の恋愛。ネジ子さん成人済みだけどR18は読めない純情ヲトメなのでぷらいべったーから探しますね!(黙れよ)
……………(読書中)…………あ。
あれ、竹野内さん、あなたもしかして記号の後ろにスペース空けない族ですか……。えっと、C01がなんかそんな感じだったなー!?
文章も念のため検証します!
「為」「所」「拘束する」、指示語多め、台詞と地の文で改行する文章レイアウト。あと文章ひとつに対する情報量、情報の提示の仕方も似てると思います。読点打つ場所も。
しかし決定的なのはあれですよ。
------------------
C01:
そんな風に考えて考えて

 涙が出てきた。
------------------
ミルキィバンパイア:
どうのも邪魔っ気なその妄想の本体を回避すべく回れ右をしようとして

拘束された。
------------------

うんうん、竹野内さんは確定で良さそうだ!


では真冬さんいきますか:D
タイトルで目星つけてた「C03 きらきら星をさがして」を読んで、「あれ、真冬さん! 真冬さんじゃないですかこんにちは!」ってなったんですがここは落ち着きましょう。
とは言え私の印象ともずれてないし、ギリギリ提出だったので身近な題材でお書きになってもおかしくない…。
ひとまず物証集め。
題材的にはまったくおかしくない。子育て真っ最中だということを考えれば、真冬さん=C03説は至極妥当とも思えます。
ふむふむ、参考作品でも結構頻繁に「そう言って」ますねぇ。てかいきなりC03とデジャヴって不安w
あとなんて言うんだろう、繰り返し表現、とでも言えばいいのかな。
------------------
 ああ。もう一度この髪に触れることができてよかった。
 このにおいを感じることができてよかった。
------------------
こういう書き方。
珍しい、というほどじゃないんですが、真冬さんはこういう表現を多用する方なので、わりといい線いってると思ってますよ!
見た目的なところだと、一行での改行が同じかな!


C01と03が埋まった流れでC02にとりかかってみました。
作品の内容と残った作者さんを見比べて、一番書きそうなのは玉蟲さんではないかとアタリをつけて捜査開始(先入観待ったなし)
まずは前作キドニーパイと比較してみて、「自分の周辺説明」からの「自分に関わる世界観の軽い説明」っていう流れは似ているかなと。文章のテンションもそんなに違わないと思いました。きっちり世界観を固めてくるところとか。
特徴的なものではないけど、玉蟲さんは普段からルビを使う、―で補足説明をいれる、比較的文の終わりが現在形、など類似点はそれなりに!
あとはボカロもお好き…?


2016/01/11 そろそろ分からなくなってくる時期

順番にC04。これは瀬古さんじゃないかな、と。一人称の独白(?)テンションや、わりと丁寧に行動を説明するところ、ファンタジーなので得意ジャンルから外れてるわけでもなし。ただ、意気込みにあった「縛り」が気になるところではあります…/(^o^)\
そして見た作品どっちにもベンチが出てきたので、ベンチに座らせたがりだな!という至極どうでもいい理由で当てはめようとしてますこいつ。お気をつけ下さい。
冗談はさておき。語彙もさらっと検証してます。「わかる」はひらがな、「けれど」の多用、主語や人物名に長めの修飾語をつけるとこ、などは一致かなと。段落を細かく分けるところも共通です。
でも一番の理由が、それらを総合して「瀬古さん感する」という主観以外の何者でもないダメ探偵です\(^o^)/


Twitterでくまごろうさんと猫さん探そうとか言ってましたが、先にろくさん行きます(捜索中)


残りの作品がC05飛んでC07以降となっており、この中でろくさんっぽいのと言うとC05とC09かなぁという印象でした。
意気込みを拝見したところ近しい文体の参考作品があるとのことなので、読んでみる。

読み終えた私「土竜だぁ……」

描写の畳み掛け方や文章の重さがかなり似てると思いました。あと前回の登場人物が東西南北だったので、C09の指示語乱舞もろくさんならやりかねない! あとろくさんは刀振り回してるイメージ(ひどいな)
また、台詞じゃない『』は字下げする(ことがある?)ようで、それがC09にも見られました。文章的なところでさらに攻めるなら、冒頭はわりと周辺の描写から入る、基本2行程度で改行が入るレイアウト、台詞後に過去形が来る率高め、などなど。主語の入り方や読点頻度も、ろくさんぽい。
というわけで、C09はろくさんにします!


あと当てはめてないのが、くまごろうさん、紅 和花さん、歩く猫さん、和泉有穂さん。
掴みどころのない怖い人たちが残ってしまったなぁ/(^o^)\


2016/01/18 尻尾を掴みたい

サイトをぐるぐる巡ってます。うーむ、全然分からんなw
その中で、和泉さんがC10じゃないかな?ってアタリをつけてみました。最初に疑いをかけたのは読点の位置。ネズミは比較的長めの文章では連用形や接続詞がきたときに打って、文章を二分割することが多いみたいだなぁと。一文の情報量の多さも和泉さんっぽいです。

----------------
サイト作品
霧は薄い絹の寝間着にしっとりと纏わりつき忍び込みながら体温を少しずつ持ち去っていく。
----------------

----------------
C10
近づいてくる喧騒とともに部屋の外から横柄に呼びかける衛兵の声がした。
----------------

こういうやつ。ちょいと似てませんか!?
上手く表現できないけど、動作やモノそれぞれに修飾語がついてるって云うの?そのために一文が長くなる傾向にあるんだと思います。思わせてください。さらにこういう文はどっかしらで読点を打ちたくなるのが人情ですが、打たれてません! 私だったら「喧騒とともに」で絶対打ってるな!!
……あー根拠うっすいなぁw


2016/01/24 そろそろ決着したい

だいぶ間が空いてしまいました。
C08私のヒカリは紅さんを疑っています。フェイクじゃなければ良いんですけど出だしに自己紹介してるんですよ、地の文で。
「私の名前は七色 星(なないろ あかり)。高校1年生。」ってやつですね。登場人物に呼ばせるわけでもなく、最初に視点主に言わせてしまう、これってかなり特徴的な方法だと思うんですけど、どうですかね?
紅さんのサイトでは以下のような文を発見しました。

----------------
ぼくこと松田清(まつだ きよし)は、いつも通りそこに立っていた。
----------------
ぼく山吹雅也と、いーちゃんこと「星野いおり」はいつもの通学路を歩いていた。
----------------

まんまこの書き方ではありませんが、表現方法としては同じかなと思いました。ほぼほぼこの一点買いなんですけど、私なりの補強材料を列挙します。
アラビア数字を使う場合があること、段落記号をいろいろ使っていること、出だしにモノローグ(プロローグ?)的な短い段落が来る率が高いこと、などなど。
作品から受ける柔らかさみたいなものも、特に違和感はありません。


というわけで!
残りが C05 狼たちの夜 と C07 世の光 です。
作者がくまごろうさんと歩く猫さん。うはあああわかんねえええ。分からないから残ったんですけどね!
で、ちょちょちょっと見比べてみて、判断つかねぇ!となりましたオワタ。だってそもそもどちらでもない説だってあるわけですからね!
でもこの二つで無理やり決めます!
会話の雰囲気から、C05がくまごろうさんに近いかなと思ったので、C05=くまごろうさん、C07=歩く猫さんでいこうと思います。
うーむ、猫さんってこういうテンションの書くんだろうか…。
くまごろうさんは「今」を開く(こともある)みたいなので、まぁ狼はわりとひらがな多めだしいいかなーなんてね!


というわけで、以上Cブロックでした!

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。