【覆面6】Gブロック感想

ネタバレ至上主義。
読み違え等は笑って許してください。

続きにたたんでおきます。




G01 いきたいと希う

すごく情景の美しい話でした。不思議な少年二人が( ・∀・)イイ!!
でもストーリーの根幹は暗いですね。大和もいじめを苦にして自殺したのでしょうか?
兄弟はそう古い時代の人って感じでもなく、祖母は大和のことを知っていて、主人公にあんなことを言ったのかな。って、いじめ自殺と決めつけちゃってますが^^;
蛍火に包まれて二人が消えていくシーンが悲しいけれど綺麗。そしてタイトルが効いていますね。
死に触れることで、自分の本当の望みに気づけたのでしょうね。


G02 火宅咲(わら)う

火に語られる主人公の人生が可哀想すぎて。抑圧された人生(((;゚Д゚)))
タイトルに「火宅」とあるので、最後に出てきた「私」は「世」あるいは「家」かな? 最後の最後に一人称が登場して、そういえば視点主は「彼女」ではなかった! と初めて思い至った次第wびっくりしたw
最後、彼女が願ったのは「解放」でしょうか。苦しみに満ちたこの世界から消してくれって。
私はわりと雑に育てられた(と親も自負している)のですが、火に言えたことをお母さんと話し合えたら、違う結末になったのかな? と思ってしまったり。


G03 これから朝が訪れる

海外文学みたいな雰囲気にきゅん! 二人の交流が丁寧に描かれていて、思わず惹きこまれてしまいました。
自分なんていっそいなくなってしまえばいい、と、拠り所だったエレナをうしなって「夜」に閉じ籠もってしまった姿は切ない。でも「これから朝が訪れる」とあるように、レイラは自分の「存在」を世界に見つけていくのかな~と思いました。
時に、エレナの学校での描写は、劇の練習? 靴下も~とあったしいじめ?(F07が抜けない)
仮にそうなら自分よりも惨めなレイラに良くして云々ってことで、なんか暗いじっとりした印象に早変わり……(((;゚Д゚)))
(馬鹿にしていた発言……)


G04 蝋燭

うおー、こ、これは……これは良い復讐劇!
周囲の雰囲気や少女の様子から、SF(少し不思議)かなと思ったんですが、姉のために徐々に獲物を追い詰める狩人……!
男の場合は自業自得、なのかなぁー。火事、入院からの亡くなったまでのコンボを食らって怖気づいた可能性……。フェイスブックで、というところが妙にリアルで恐ろしい。結末を知ってから読み直すと、少女の微笑みがなんとも薄ら寒いです。
でも謝罪があれば許せたのに、という少女の想いが切ない。すごくしんどい思いしてるとき、ふとした一言に救われることってあるんですよね。


G05 金糸雀に雨

おお、これはすごく好きな雰囲気!
金糸雀とよだかのちょっとぎこちない触れ合いとか、おとしものってカゴ拾わないで待ってるとことかさぁ! 可愛すぎる!
そんな萌え萌えしてばかりはいられないんですけど、この二人本当に良いなぁー!
雨ばかりでどんよりした街の中にあっても、金糸雀の翼はとても美しいのでしょうね。
境遇はどちらも決して良いものではないけど、最後はじんわり温かくなれる気がします。
今は見送るだけの道を、いつか一緒に歩けたらいいですね!


G06 ファレと変な魔法使い

これまた可愛らしい話。美貌の魔術師さま! ファレじゃなくてもときめいちゃいますね!!!
見た目は子どもなのに、「あーもー仕方ないわね!」とお姉さんみたいに世話を焼くファレが可愛すぎて可愛すぎて。
グレン様は最初からそのつもりで、ファレと契約&派遣したのかしら? と勘ぐってしまいますw
すごく良い人そう(しかし、妖怪天然女タラシかもしれない)だし、ファレと相性良いんじゃないかな!? これ、ライマと契約し直したらきれいなお姉さまになったり……しないのかなw


G07 TOMOSU

再入荷したTOMOSU君を見て、バハムートが真っ先に浮かんだ私です。作者さんごめんなさい。

いやでもごめんこれホント面白かったですwwくっそww絵面がTOMOSU君シュールすぎる。
お約束の「お高いんでしょ?」でもうかなりやばかったのですが、色変え用のつけ爪セットで腹筋が耐え切れず/(^o^)\
どこに需要があったのか気になる!! 一万円だよ?!
もしかしたら、手を書くのが苦手な絵師志望の方の手に渡ったのかもしれないw


G08 恋愛未満コンロ。

ハムスター。ハムスター!(大事なことなので二回言いました)赤目だと、それジャンガリアンじゃなくてキャンベルの可能性が、と心底どうでもいいことを考えた笑
それはさておき、くっそ可愛いのはあなただよお兄さん!
婚姻届ハムの巣材にしちゃダメwハムハム喜びそうだけどやっぱりダメwww
彼女さんの態度がおかしい理由が分かってにやにや……(*´艸`*) 一生離れられない呪いをかけておく!

>なぁあんた、好いた女の結婚式にも立ち会ったのかい? その聖人面でさ。

この一文がとても印象的で、好き。お兄さんにも素敵な彼女ができますようにー!


G09 火球少女

ほほう(ドラクラのドワーフ風)。青春の香りですね!! 貞子あらため魔性の子だった青山さん。男まさりな美少女とか完全に私得です!
性別という壁にぶつかっても諦めない青山さんは凄いなぁと思います。お前呼びで親友になった? というくだりが可愛い好きなんだお前らリア充か。
彼女が女子サッカー部を作るために奔走し始め、徐々に違う道を歩み始めた二人。相沢が苛立つのは、同じ所を目指しているのに、一緒には進んでいけないからなのかな。それとも……魔物にやられた一人?w


G10 マイノリティ・レポート

しゃ、写真がどこにも見当たらないよ……!! これはいわゆるモキュメンタリーってやつですか。
文明の波に押し流されて……どうやって乗り越えた? という問かけが切ない。答えられる人はいないかもしれませんね。
便利になる反面、そこには確実に、忘れられていくものが存在するんですよね。寂しいことですが。
最後に綴られたタキグチさんの思いと同じ祈りを!


G11 イレーネ

うわあああ、悲しい身分違いの恋。未満。
イレーネさんが最後に出てこないのも悲しい。二人の距離感果てしなく……。
でもこの語り口いいなぁ。好きだなぁ。
彼女の無事を祈りながらも、それを知るすべがなく、そして知ることなく死んでいくハンスが本当にかわいそうで(/_;)
できることなら二人であのまま逃避行して、誰も二人を知らない地で幸せに暮らして欲しかったです。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。