【感想】しずるさんと気弱な物怪たち(若干ネタバレ)

def_imp

結構前に出てたらしいしずるさんシリーズ最新刊。
富士見ミステリーってなくなったんですか?? 今回から星海社文庫で、イラストも一新されてますね。
椋本絵の印象が強いので、ちょっとまだ馴染めないですけど。



今回のお話はどれも虫に関する事件。
ミンミン病のネタばらしはなんだか紫骸城事件を彷彿とさせるような……。
血(液体)を見て、喉が乾いてたことに気づくってシーンありませんでしたっけ。上遠野さんはそういうのお好き?


作中で指摘されていた「分からないことを重要視」してしまう考え方。
分かっていることを軽視するから、なかなか真相に辿りつけない……これ、しずるさんシリーズだけでなく、ソウルドロップシリーズでも特に感じるんですよね。
ネタばらしされて「そういうことか! それ書いてあったじゃん!」って言いたくなることがしばしばあります笑
乙一の短編とか読んでても「どうせこれミスリードだろ?」って構えてしまうんですが、このシリーズではよーちゃんが「知っていること」を特に気にして読むようにしています。
まぁ、さっぱり分からないことの方が多いんですが^^;


で、今作の目玉は二人のゆるゆるした会話ではなく、ついに霧間凪とブギーポップが登場してきたことですよね。
ブギーポップが言ってた世界の敵はもう出てきてましたっけ……まだかな? ウスバカゲロウのよーちゃんは、本筋の時間軸ではどこにいたんでしょうか。
しずるさんが凪を嫌ってる(?)理由も気になりますし、誤魔化しって何のことだろう。ますます目が離せないですね。
これはソウルドロップの二人も出てきたりして(まだ出てきてないよね?)
よーちゃんは東澱の人間だと思ってる私ですが、上遠野さんが直接的な表現をするとはあまり思えないので、注視したいと思います。

とりとめのない感想になりましたが、続きも楽しみです。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。