【感想】ハーモニー

def_imp

SFと歴史モノが大の苦手である私が、何を思ったか手を出した一冊。『虐殺器官』は未読です。
ジャンルとしては、いわゆる「ディストピア」ってやつでしょうか。


------------------------------------------------------

21世紀に発生した大災禍(ザ・メイルストロム)による混乱を経て、思いやりに満ちた超福祉社会を構築した人類。その世界に馴染めない三人の少女――霧慧トァン、御冷ミァハ、零下堂キアンは自殺を図るが、ミァハだけが自殺を遂げることに。
生き残ったキアンは社会に溶け込み、トァンは社会と折り合いをつけて紛争地帯へ。
そして、久しぶりに日本へ帰国したトァンが、キアンと昼食を取っているとき、世界を根底から揺るがす大事件が起こる。
事件の裏に13年前死んだはずの友人の影を見たトァンは、事件の調査に乗り出すが……。

------------------------------------------------------

あらすじはこんな感じです!


SFなんて宇宙船でドンパチやるような小説しか読んだことなくて、読みきれるか不安だったんですけど、苦手な私でもとても楽しめる作品でした。
かなり極端な世界観となっているんですが、圧倒的なリアリティがあり、本当にこんな未来もありえるかもしれない……と思いました。

特に意識を「会議」に例えるのが面白かったです。
欲求が選択されようとしている、それは会議でいろいろな人が意見を出し合っている様に似ている、と。
翻って、もしすべてが自明であるなら、もう会議すら不要になり、つまりそれは人間の意識など不要になる、という。

ハーモニーの世界ではあらゆることを外注に出し、自分で判断することがなくなってきています。
すでに自分で判断する領域は極めて少なく、主人公も「お母さんはお弁当をつめるだけ」「昔は栄養表とにらめっこして自分で考えて作ってた」(うろ覚え)と言っています。

こうなってくると、最初に書いたとおり自分で考えて決断する――意識がいらなくなってくるって結論に。完全に調和のとれた世界に、人間の意識なんて邪魔なだけ・・・。

意識がなくなる、というのは気絶するとか、死ぬとか、そういう感じに取れますけど、ハーモニーで語られる「意識のない世界」とは調和の取れた自明の世界で、別に死ぬことではないんですよね。人間、笑う時は笑うし、泣くときは泣く。選択する必要がない(葛藤がない)というのは、とても幸せなんだろうなぁと思います。作中でも「意識のない生活」を体験したキャラがそう言ってますし。
でもエピローグ(?)で、生活において感情が出てくる場面ってどんどん減っている、とあり、やはり私たちが思う、大事にしてきた、「人間らしさ」みたいなところは長い時の中で淘汰されていくのだなぁと思いました。
いやそれがいらんって言われてるのがこのハーモニーなんだけどね。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。