【感想】11枚のとらんぷ

def_imp

泡坂妻夫さんの奇術ミステリーです。
ご本人もマジシャンとのことで、奇術まわりの描写は細かく、それだけでも面白いです。

マジキクラブという小さな奇術クラブ。彼らがマジックショーをやっている最中、メンバーのひとり水田志摩子が遺体となって発見される。彼女のまわりには奇妙なことに、様々なものが壊されて並べられている。それは奇術小説『11枚のとらんぷ』に関連するものだというが…。


あらすじはこんな感じです。
『11枚のとらんぷ』はこの本でもあり、鹿川というキャラが書いた自費出版小説のことでもあります。
それで、この本、何が面白いかって、途中でその11編の短編が差し込まれるんですよね。三部構成の第二部をまるまる使っています。
ひとつひとつはとても短いものですが、それぞれユニークなトリックを描いた作品群です。種明かしされるとなーんだ、という風になりますが、そもそも「使えないが、捨てるには惜しい奇術」を小説に仕立てあげたのがこの作中作なので、そんなに気になりません。

で、この11編のあとにはいよいよ解決編です。
これまでの、一見過剰とも思える奇術の詳細や彼らマジキクラブの面々への描写が、最終的には犯人を割り出す手がかりとなってヮ(゚д゚)ォ!
伏線だらけやん。

鹿川の講義にページ割きすぎだろ!と思ったのですが、最後、犯人が分かってからその重要性に気づく。動機が動機なだけに、共感しづらい(動機というのは得てして共感できないものだけど、扱ってる題材的に読者は余計に「???」となりかねない)ので、そうした感情の隔たりを補完する意味もあったのかなぁと。


奇術のように計算されたトリック、興味あるかたはぜひ~。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。